フリーランスとして生きていくのは難しいのか

  • フリーランスとして生きていくのは難しいのか

    • 昔に比べると今の時代は、個人事業主やフリーランスとして活動している人も多くなっています。



      ただ、それでもアメリカやヨーロッパなどと比較すると、日本はまだまだ少ない傾向にあります。
      やはり、安定志向の強い日本人にとっては、フリーランスとして生きていくことに不安を持つ人も多いのです。


      では、会社に属さず個人の力で生きていくことは、本当に難しいことなのでしょうか。



      まず、どのレベルを目指すかによって難易度は異なると言えます。



      例えば、そこまで贅沢はできなくても、人並みに暮らすことができれば十分だと考えている人であれば、そこまで高いスキルや能力が求められることはありません。
      フリーランスと聞くと、収入がとても不安定なイメージを持つかもしれませんが、ある程度の経験と実績を積むことができれば、しっかりと安定した収入を得ることができるのです。それも、決して専門的な知識が必要とされるわけではなく、真面目に取り組みいろんなクライアントから信用してもらえれば、生活できるだけのお金は十分に稼げるのです。

      一方で、それなりの高収入を目指したり、年収で1000万円以上を稼ぎたいと思っているのであれば、高度なスキルや能力が求められますから、決して容易なことではありません。

      やはり、フリーランスが会社員の平均年収を上回るぐらい稼ごうと思ったら、それ相応の努力をしなければならないわけです。


      逆に言えば、頑張り次第では十分にそのチャンスもあるのです。


  • いまどきの社会

    • 一般的にフリーランスという働き方は比較的若い世代に多いと考えられる事が多いのですが、実は40代や50代といったベテランに多いという特徴があります。会社員として働いている時に育んだ知識と技術を元に独立しフリーランスとして活躍しているのです。...

  • 基礎知識

    • フリーランスは自由に働いて自由に休むことができると思っている人も少なくありませんが、現実的には休みなく働いている人がほとんどです。サラリーマンであれば働くことを強制される代わりに、休むことも強制をされます。...

  • 納得の知識

    • フリーランスをしている個人事業主とサラリーマンなどの給与所得者には、相違点が多々あります。最も違うのは収入面で、フリーランスが働いた分だけ報酬が貰えるのに対し、サラリーマンは働いた成果に関係なく固定給が貰え、成果はフリーランスには無い手当やボーナスで評価されます。...

  • ためになる情報

    • フリーランスとして働く場合には、自分1人の責任、いわゆる自己責任で仕事をしていくことになります。すると、挑戦することを恐れてしまい、クライアントに常にお伺いを立てるような状況に陥る人が出てきますが、これでは会社員時代と何も変わっておらず、フリーランスになった意味がありません。...

top