フリーランスとして生きていくのは難しいのか

  • フリーランスが貯金を持つべき理由

    • 一般的にフリーランスという働き方は比較的若い世代に多いと考えられる事が多いのですが、実は40代や50代といったベテランに多いという特徴があります。

      会社員として働いている時に育んだ知識と技術を元に独立しフリーランスとして活躍しているのです。



      ただし、若い世代も12%の割合で存在しているので、全く存在していないわけではありません。



      しかも、若い世代においては10代の方が珍しくなく、大学生が休学してフリーランスという肩書でアプリ開発などに勤しむ事も多いです。



      国も積極的にこうした形態で働いている人々を活用しようとしているので、以前よりは環境が恵まれつつあります。

      そのため、フリーランスになるのも敷居が低くなってきているのですが、やはり貯金はある程度確保しておいた方が安心です。


      その理由は、駆け出しの頃というのは仕事環境を高い頻度で変更したり、自分を売り込むために営業活動に尽力しなければならず、初期投資が欠かせないのです。
      クライアントを見つける事自体が大変ですし、契約してもしっかりと信頼して頂き安定して仕事を請け負えるようになるためには多くの時間がかかってしまいます。
      しかも、会社員ではないので月々同じ額を必ず得られるとは限らないため、生活と仕事を維持していくために使う事ができる貯金は常にあった方が良いのです。

      また、フリーランスは健康保険の選択が意外と盲点なので、お得になる選択肢を見つけだしておきましょう。


top